声優

悠木碧の読み聞かせが話題!子役や出演作は?

[vkExUnit_ad area=before]

現在、新型コロナの影響で自宅待機をしなければいけない状況で、子供達はストレスがたまり、親もどうしていいかわからない状態です。

そんな中、声優の悠木碧さんがネット上で絵本の朗読を始め、話題になっています。
この活動を応援するべく記事をかいていこうと思います。

悠木碧さんのプロフィール

本名:八武崎 碧
愛称:あおちゃん、こども先生
出身:千葉県山武市
生年月日:1992年3月27日
血液型:A型
身長:147㎝

4歳から芸能界に入り、子役として活躍していた。2003年に「キノの旅」のさくら役で声優デビュー。それ以降は声優として様々な作品に出演。

#せいゆうろうどくかいの運動

2020年4月8日、新型コロナウィルスの影響で自宅待機している親子のために絵本や児童書の読み聞かせ企画「#せいゆうろうどくかい」を始めた!
これは、イスラエル大統領のルーベン・ソブリンが絵本の読み聞かせをテレビで行ったことがキッカケとなっている。

Twitterで作品についての呼びかけをし、ファンや同業の声優から応援や同調の意見が多く集まり、小岩井ことりさんがフリーBGM、あきやまかおるさんがフリーアイコンを提供。

第一弾 「手袋を買いに」

同じく声優の梶裕貴さんも4月7日にYouTubeを設立し朗読を公開していくという。作品は現在制作中!

子役や出演作は?

悠木碧さんの子役時代の作品は、「やっぱりさんま大先生」が有名で、その他バラエティ番組への出演が多かったようです!

声優業が多くなってきてからは、特撮ヒーロー物でも声の出演をしていて、ほんとに売れっ子という感じです。

私が一番好きなキャラクターは、

幼女戦記:ターニャ・デグレチャフ

この役をやっている方が、プリキュアの声をやっているというのがホントに信じられませんが、それこそ声優としての実力の現れだと感じています!

もちろん、他の出演作も有名作がたくさんですがものすごくたくさんあるので、自分の好きな「幼女戦記」を上げさせていただきました。

まとめ

悠木碧さんはホントに実力のある声優さんだと思います。
そんな声優さんが、世の中の状況に応じて自分に出来る事を考え行動していることにはとても感謝しています。お子様をもつご家庭では、みんな苦労して子育てしていると思いますが、声優さんたちに感謝しながら楽しく過ごしましょう!

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]
PAGE TOP