ニュース

マイナンバー子供の分は親が作る?!作り方や使い道は?

[vkExUnit_ad area=before]

マイナンバーカードを作成している人はまだ少ないと思いますが、これからマイナンバーカードを作ろうという人は増えてくると思います。その場合、多くの人はマイナポイントの利用目的で作成する人ではないでしょうか?少しでも得をしたいと考えている人やこれから作るぞっていう人に向けて書いていきます。

マイナンバーカードの作り方

主な作り方は3つ

1、郵送による申請
2、スマートフォンからの申請
3、パソコンからの申請

ちなみに通知カードは手元にあるかもしれませんが、一緒に送られてきた個人番号カード交付申請書はおもちですか?私はありませんでした・・・

なので、私の場合で言うと、通知カードをもって役所に行きました。今お住まいの地区の市役所・区役所でいいと思います。

まず、役所の受付みたいなところで、マイナンバーカードを作りたいことを伝えると案内してもらえると思うので順番を待ちましょう!

おそらく担当の方と話しをして書類に記入していきます。この時個人番号カード交付申請書は必要ありませんでした。(ないと言ってその理由などは書かされましたが、紛失ってことでok)そこで申請するときに顔写真が必要になるのですが、履歴書用のを持って行ったらサイズが少し小さいみたいで、受付はしてくれましたが、不備で戻ってくるかもと言われました。

顔写真のサイズは、縦4.5㎝×横3.5㎝

サイズ以外は履歴書と同じイメージです。

書類や写真など申請に必要なものが準備できたら、担当者からポストに投函してくださいと言われるので、ポストへ投函しましょう!

そのあと、役所からカードが出来上がったと通知が届くのですが、届くまで概ね一か月・・・

ジッと我慢です。私の場合は写真のサイズの件があったので、待ってる間もヒヤヒヤドキドキでしたが、無事交付通知書が届きました。

交付通知書が届いたら
①通知書
②通知カード
③本人確認書類(2点)
↪A、顔写真付き本人確認書類(運転免許証など)
B、本人の「氏名と住所」又は「氏名と生年月日」が確認できる書類(健康保険証など)

以上、3点を持って役所へGo!

交付までは、おそらく10分~15分くらいでしょうか?
交付の際は、あらかじめ日時を予約してからいきます。こちらは交付通知書に同封されている書類にしたがってください。
実は、当日、通知カードを忘れてしまいました!ですが、担当の方は「大丈夫ですよ~」と言われたので、問題なく作成出来ました!

交付通知書が届いたら、持って行くもの。

①交付通知書
②マイナンバー通知カード
③本人確認書類2点

マイナンバーの使い道

①マイナンバーを証明する書類として
②各種行政手続きのオンライン申請
③本人確認の際の身分証明書として
④各種民間のオンライン取引等に
⑤コンビニなどで各種証明書の取得

以上が、現在の主な使い道です。その他個人番号カードの普及促進は少しづつ進んでいる。

現状、一番便利と思えるサービスはコンビニでの公的な証明書を取得できることかと思います。コンビニで取得できる証明書は以下の通りです。

住民票の写し
印鑑登録証明書
住民票記載事項証明書
各種税証明書
戸籍証明書
戸籍の附票の写し

が取得できます。

マイナポイント事業について

マイナポイント事業は、マイナポイントの活用により消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。

マイナポイントとは?

マイキープラットフォーム上で普段利用している決済サービス(1つ)を選択すると当該決済サービスの利用時に買い物等に利用できるポイント等が付与されます。

利用可能決済サービス一覧

お得になる方法

マイキープラットフォームではマイナンバーカードを持っており、かつ利用者証明用電子証明書の発行を受けている方はどなたでも利用することが出来るとされています。

マイキープラットフォーム上で登録できる決済サービスは1つとされています。そのため、複数の決済サービスを利用する場合は複数のマイナンバーカードを使い複数の決済サービスを登録することで、複数の決済サービスを利用可能だと思います。家族がいる場合、子供のマイナンバーカードを利用することで可能になると考えます。

ちなみにマイナンバーカードは15歳未満および成年後見人の方は法定代理人により申請してただく必要があります。なので、子供の分のマイナンバーカードは親が作成してあげるとよいでしょう!

まとめ

現状、まだマイナンバーカードを作ってない人はマイナポイント事業が本格的に始まる7月までに作成するようにすといいでしょう!

では!

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]